ペナルティーが発生するケース

これ以外にもDMM.com証券の特徴はあります。
先ほどクイック入金の事を触れましたが、DMM.com証券の場合は初回入金額が決まっています。DMM.com証券のルールでは、初回入金は5万円と設定されています。
ただしこの紹介入金の金額を維持しなければならないという意味ではありません。万が一この金額を下回って3万円になってしまったとしても、問題はありません。
ちなみにFX業者によっては、ペナルティーが発生するケースもあるようです。DMM.com証券ではそれはありませんので、ご安心頂ければと思います。
ただし現時点のDMM.com証券では2つのキャンペーンが公開されています。その内の1つは、初回入金を10万円して特定枚数の取引をした方に対してはキャッシュバックがなされるという内容になっています。ですので初回入金額は5万円とは定まっていますが、キャンペーンを考慮すると10万円の入金をする方がベターかもしれません。
そして、DMM.com証券の場合は最小取引枚数も決まっています。DMM.com証券のルールでは1万通貨単位での取引となります。1000通貨ではありませんので注意が必要だと思います。
そして何よりも、DMM.com証券という会社そのものに特徴があるかと思います。やはり非常に信頼性が高い会社ですので、安心して取引ができるものと思います。
さらにDMM.com証券の場合は信託保全は「全額」になっています。一部ではありません。
ですので、万が一DMM.com証券が倒産をしてしまっても全額戻ってきます。そこもご安心いただけると思います。まあおそらくの無いと思いますが。
以上がDMM.com証券という会社の特徴と、取引のルールなどに関する主なポイントになります。

PRO TRADEの特徴

そしてもう1つのPRO TRADEなのですが、これも色々と特徴があります。
まず先ほどのSIMPLE TRADEにおいて、色々な注文方法に対応していると書きました。こちらのPRO TRADEの方でも、色々な注文に対して対応しているのだそうです。
そしてFXの取引画面といえば色々な情報が凝縮されているものです。ですがそれらの情報を見るのにいちいち画面を切り替えていては、色々と時間がかかってしまいます。
ですがDMM.com証券のPRO TRADEの場合は、取引画面の色々な情報を1つの画面に表示ができるのだそうです。ですのでその画面の移動に時間がかかる事もありません。まして一度に色々な情報が見れますので、その分マネックス証券口コミ情報を早く把握しやすいと思います。
そして、おそらく一番メリットが大きいのは色々とカスタマイズができる機能です。様々なウィンドウなどを用いるそうなのですが、それを自分好みのスタイルに色々とカスタマイズができる点で先ほどのSIMPLE TRADEよりも優れているのだそうです。その操作方法は、非常に簡単なのだそうです。
もちろんさきほど言及したは色に関しても設定が可能となっています。
そしてFX取引をするとあっては、やはり現在の資産がどうなっているかも重要です。DMM.com証券のPRO TRADEの場合は、その資産もリアルタイムに確認ができます。
さらに、チャートも非常に充実しているのだそうです。DMM.com証券のチャートでは、1つの画面に20ものチャートを同時に表示できるのだそうです。他社と比較をしてもこれはかなり多い方だと思います。
以上がDMM.com証券から公開されている2つの取引ツールの主な特徴となります。

更新情報

2015/07/30
クイック入金と通常の入金の情報を更新しました。
2015/07/30
DMM.com証券をうまく利用するにはの情報を更新しました。
2015/07/30
370行もの銀行に対応している信頼性の情報を更新しました。
2015/07/30
ペナルティーが発生するケースの情報を更新しました。
2015/07/30
現状2つのキャンペーンが公開の情報を更新しました。
△PAGE TOP